2013年9月24日火曜日

30年モノ ミズノワールドウィン レストア中

最近は仕事と草野球の活動疲れで、またもやメインブログのbellerophon's room GO AHEAD ! の更新をサボっています(汗)
そんな中でも試合用グラブは勿論ですがコレクション用のグラブはメンテナンスはサボらず日課のようにこなしています(笑)
2013年9月23日現在、グラブの所有数は180個になりましたが、所有しているグラブの中にはコツコツと
カスタムやレストアをしているグラブもあります。
今回は、現在レストア中の30年モノのヴィンテージグラブのワンショット写真をご紹介。

このグラブは1970年代初めごろに一時代を席巻したミズノのワールドウィンです。
今から約35年前のグラブになります。
赤カップは硬式、青カップは軟式、緑カップはソフトボールで、当時はワールドウィンが流行りましたねぇ。
このグラブを復元をさせたくてレース交換、アタッチメントグリス交換、クリーニングは自分でメンテナンスをして、
残すところはバリバリにヒビ割れてしまったエナメルのカップ部分の補修でした。
この部分だけは自分では、どうにも補修が出来ないので、以前bellerophonオリジナルグラブオリジナルラベル
お世話になったsacom worksさんでカップのラベルの作成を依頼。
カップは当時のエナメルではなく、敢えて加水分解の心配のないエンブクロス生地で作成。
今年の2月から打ち合わせをして、何度何度も試作品を作っていただいて、9月23日に納得の出来る赤カップ、
青カップの復元レプリカが届きました!
今回は相当に細かく注文をしましたのでsacom worksさんには、大変ご迷惑をお掛けしました(汗)
良いモノが出来あがったので、もの凄く満足ですし、感謝しています! ありがとうございました!
以前にも30年モノの USA Rawlings PRO12TC made in USA特別な日の試合で使いましたが、
このワールドウィンも同様にベストコンディション状態に復元をさせて、いつか試合で使おうと思っています!
実はこの他、着々とレストア中のグラブが複数あります。そのグラブも、またいつかご紹介出来ればと思っています。
乞うご期待を!?


今回ワールドウィンの赤カップ、青カップのラベルの作成でお世話になったsacom worksさんのホームページです。
少数少量でも低価格・安心価格のワッペン製作”sacom works”
また色々とお世話になりますので宜しくお願いします。

2013年9月5日木曜日

Switch Picher Project 両投げグラブ

自分は右投げ両打ちのプレイヤー。自分の夢は漫画みたいですが 両投げ両打ちのプレイヤーです。
2年前に右肘を故障し、投げる度に痛みがはしりサウスポー転向も本気で考えて ミズノの両投げグラブをオーダー。
2011年4月26日に出来あがったグラブ。
bellerophon's room Go Ahead!では、ごくたまに登場しましたがブログ未公開のままのグラブです。
■MIZUNO VICTORY STAGE ORDER 両投げグラブ パット・ベンディットモデル GLOVE COLLECTION未公開グラブ

この写真は購入当時の新品状態の写真です。今や使いこんで捕球面の刻印が見えなくなりました。
左右はめるグラブですので独得の捕球感覚です。型付けには相当苦労しましたが今では左右どちらでも
違和感なく捕球出来るようになりました。
このミズノの両投げグラブは、いつかご紹介出来ればと思っています。
余談ですが実は左投げ用のグラブは投手、捕手、一塁、内野、外野と既に全コンプリートしています!
左投げの練習は試合前のキャッチボールでしていたのですが、最近は捕手を任せられる事が多くなり
ブルペンでの投球練習でキャッチングをしていますので、左投げの練習の時間が取れなくなり両投げプロジェクトの
進行が捗っていません。。。
そこで思い切ったアイデアを実行しようかと思っています。現在草野球チームに四チーム在籍しています。
その中のエンジョイチームでは右投げを封印して左投げ両打ちで参加しようとか企んでます!?
いつか両投げ両打ちのプレイヤーになる!これからも夢や希望をもってプレーし続けたいです!