2014年8月18日月曜日

久保田スラッガー 2009 中島裕之カラー

草野球シーズンもいよいよ後半戦です。
今年は毎週末の土日に草野球の試合がありますので ブログの更新が例年になく激減しています(汗)
近況はTwitterで呟いてますが、今回は夏季休暇で時間が取れたので手抜きブログのANNEXを
更新します!
bellerophon's room Go Ahed!で久々に1年と4ヶ月振りにGLOVE COLLECTIONを再開し、ご紹介しました
ローリングス PRO TT2 TUL トロイ・トゥロウィツキーモデルのように同じグラブを二つ持っているグラブがあるのですが
実は三つ持っているグラブもあるのです。
■写真下 久保田スラッガー軟式L7Sオーダー  B.C Works型付け
■写真左 久保田スラッガー軟式○○オーダー B.C Works型付け
■写真右 久保田スラッガー硬式○○オーダー 久保田スラッガー○○支店型付け 


この三つのグラブは2009年に中島裕之が第二回WBCと2009年シーズンで使用したカラーリングのモデルです。

・本体:KSブラック
・ハミダシ:グレー(タマハミ)
・ヘリ革:グレー
・縫い糸:水色

・革紐:タン
・ラベル:Dラベル

この組み合わせのカラーリングは絶妙ですね!
写真手前の一番初めにオーダーをしましたL7Sは折り返しがありますので、折り返しがUカット採用の
中島裕之モデルとは微妙に違いますので、ズバリ仕様を追及して新たにUカットモデルでオーダー!
カラーリングこそ同じですが、三つのグラブはそれぞれ型番が違いますので、サイズ、捕球面の広さ、
指の長さが異なります。
また当たり前ですが軟式KSブラックと硬式KSブラックでは革の質感が全く違い硬式オ-ダーの出来の
良さは 素晴らしいの一言です。
最近はキャッチャーがメインのポジションになったので、グラブを使う機会が少なくなりましたので実戦投入に
向けて待機中のグラブが益々増加しています(汗)