2015年5月12日火曜日

JUNKEI-GLOVE  ジュンケイグラブ

一目惚れしたグラブってありますか?
それは最初に出会ったのは、たぶん6年前の2009年。
とあるショップに展示してあるグラブを一度手にはめてから、ずーと気になっていたグラブ。
それから何年も経つけど、いつ行っても売れていない。でも、とても素晴らしい出来のグラブ。

そのショップに買い物に行って、いつも、このグラブをはめるのが密かな楽しみでした。
売れないのは、はっきり言ってブランド力と長年置いてあるのに定価のままの価格の問題。
自分が購入しないのは、そのブランドが正直、自分の好みではないのが最大のネック。
気になっているグラブがジュンケイグラブがOEMしているのは分かってたのですがジュンケイグラブさんとは
縁もなく、 そんな話しを WithSieヒデキさんと、「○○ショップに長年置いてあって売れないグラブが良いんですよ」と
雑談をした数日後に、なんとWithSieさんが正式にジュンケイグラブを取り扱うことに!

そして2014年12月のWithSieさんのフェスに行った際にジュンケイグラブさんが出展をされていて偶然にも
@Junkei_Staff さんがいらっしゃいました。
Junkei_Staff  さんとは一度、TwitterのDMでオーダーグラブのご相談をしたことがありましたが、
Twitterとは違い直接会うことで顔を向き合って双方向でお話しができ、色々とグラブに対する熱い思いを
聞かせてもらい、当日はたまたまグラブメンナンスに出そうとエースグラブの久保田スラッガー6PSMを持参していましたので
6PSMを手にしてもらいながら自分のプレースタイルに合ったグラブがオーダーしたいと伝えることができ、
ここでJunkei_Staff さんに出会ったのも何かの縁と思い記念にグラブのオーダーをお願いしました!
ご体面ではなくご対面ですね(汗)いつもtwitterは誤字だらけです。。。


2015年1月に出来上がり
2015年3月に型付けが完了!

■写真下:JUNKEI-GLOVE オーダー硬式 キップ アラミド
■写真上:JUNKEI-GLOVE 既製品 軟式 ステア こちらは練習やキャッチボールでは使用しています。実戦デビュー直前です!

オーダーグラブの出来あがりはいいですね!キップのきめ細かい革質がグッドです!
このグラブ拘りは何と言っても折り返しなしと薬指リングです。その他、細かく要望を取り入れてもらいました!
ジュンケイグラブの特筆すべき点は捕球面の張りの良さですね!
これは定番モデルでも同じで妥協なく作られているグラブです。
ジュンケイグラブは、これから試合で使うのが楽しみなグラブです!
話しが長くなりそうなので、このグラブの詳細はいつかbellerophon's room GO AHEAD!GLOVE COLLECTIONで!

10 件のコメント:

  1. ジュンケイグラブですか。なかなか渋い選択ですね。
    bellerophonさんが一目惚れしたグラブというところに興味をそそられます。

    返信削除
    返信
    1. ジュンケイグラブはグラブをはめた瞬間の感覚がいいんですよ。
      自分にとっては、これがグラブの良し悪しを決める一番重要なポイントなのかもしれません。
      いつか試してみてください。

      削除
  2. コンパクト折り返しなしのグラブはbellerophonさんらしいグラブっすね!
    それにしても詳細未公開がグラブが多くなりましたね〜
    シーズン中は忙しいでしょうからお暇ができたら、どれか一つでもいいのでグラブコレクションで公開をお願いしまーす!

    返信削除
    返信
    1. やはり捕球面が浅く折り返しがないグラブに魅力を感じます。
      確かに未公開グラブが、たまりましたねー。。。
      うーん、年内にはどれか1つでも詳細記事を書くように頑張ります(笑)

      削除
  3. メテオムーン2015年5月12日 23:47

    ジュンケイグラブは自分もオーダーしたいと思ってますので参考になります。
    ちなみに黒のグラブはどちらのメーカーのグラブですか?

    返信削除
    返信
    1. こんにちは。黒のグラブのメーカー名の公表は控えさせて下さい。

      削除
  4. 質問させて下さい。
    折り返しなし、とはどんなグラブのことを言うのですか?
    またそのメリットは?

    返信削除
    返信
    1. 折り返しとはグラブの手の甲側のウェブ下人差し指と親指の間にあるパーツの事を指します。
      折り返しがないグラブとはこのパーツがないグラブになります。
      折り返しのパーツが無いことで、そのパーツの革の厚みがなくなりますので
      必然的に革の厚みが薄くなり手の甲側の人差し指の力加減で捕球面を様々な
      打球に合わせて自在に変化し扱えるのが魅力です。
      反面、折り返しが無くなることでウェブ下付近が剛性不足になります。

      削除
  5. はじめまして。突然で、しかもブログの内容とは関係のないことですが、質問があります。今度グローブを買うことになるのですが、キップとステアの違いってなんでしょうか?よく質ではキップ>ステアといいますが、それぞれの特徴、質感など教えてくださると助かります。友人が持っている者が濡れたようにしっとりしていたのでそのようなグローブがほしいなと思っているのです。(メーカーによって違うかもしれませんが)おすすめのメーカーなんかありましたら是非…宜しくお願いします。

    返信削除
    返信
    1. すみません、ブログを暫く放置していましたのでお返事が大変遅くなりました。。。
      極端に例えますとキップはつるっとした肌触り、ステアはザラッとした肌触りです。
      しかしステアの幅は広くキップ並みの上質な革もありますので侮れません。
      濡れたようにしっとりしているグラブということは柔らかいグラブがお好みなのでしょうか?
      柔らかいグラブでしたらステアが良いのではないかと思います。
      お勧めは既製品ですと硬式ウィルソンスタッフのプロストックステアレザーが良いですよ。

      削除